もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

(岩崎夏海/ダイヤモンド社)

 

高校野球の女子マネージャーが「マネジメント」の原則を知り、チームの鍛錬と甲子園出場に生かすという物語である。ドラッカーの『マネジメント【エッセンシャル版】』をもとにしている。

野球部のマネージャーと会社におけるマネージャー、言葉は同じながら機能は違うように見えるかもしれない。それでも、人をして成果をあげさせなければならない点では共通している。

本書はドラッカーを題材としつつ、純然たる小説として書かれている。女子マネージャーの主人公が、「野球部を甲子園に連れて行く」というミッションを自らに課し、偶然出合ったドラッカーの書物を片手にチームを運営。しばしばドラッカーの言葉が引用され、それに対しごく素直な解釈がなされ、実行に移されていく。

人間社会にはさまざまな障害があって、そこからドラマが形成されるものだ。そうしたドラマから、マネジメントは困難を乗り越えさせてくれるという一面も見えてくる。

おそらくドラッカーの入門書として書かれたのではないはずだ。著者なりの一つの心象を、高校野球の成功物語に仮託して語っているのだろう。読み進めるうちに、心の中にいくつもの高校野球の名勝負が映画のように渦巻いてくる。

  • ドラッカー学会 Drucker Workshop